読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Remember,

過去の日記を移動させるべく。それと、格闘ゲームに費やした貴重な時間を思い出してみる。

メディアミックスのはしりか、別シリーズとのクロスオーバーか #008 1.01k

格闘ゲームの思い出

サムライスピリッツのアニメ化

予定の時間を忘れていたため、全部を見たわけではないことは覚えている。サムライスピリッツがアニメ化されテレビ放映されていたのだ。

 

主人公が覇王丸、ヒロインがナコルルというのはそもそもストーリーが難しいのではないかなーという予想と、そもそもストーリーがどうだったかは覚えてもいないが、その放映の中で、真サムライスピリッツで使用できる隠し技のコマンドが公開されたというが、早すぎて見えなかったという。

 

番組放映中に明らかにされたのは覇王丸の技:天覇封神斬のみ。しかも実装されているのは全キャラではなく、覇王丸ナコルルガルフォード服部半蔵の4名だったようで。なんでこの4名なのかは謎だが。

 

覇王丸はプレイキャラではなかったものの一回はその技を出してみたく、覇王丸の天覇封神斬に挑戦しようとしたのは覚えている。当時ネオジオを保有していた同級生の家でやらせてもらい、何度もトライしてなんとか1回は出せたのだが…あまり有効な技ではなかったような。とにかく弧月斬の回る回数を何回か増やして斬り上げるという、最後の削りには使えるかもしれない。

 

黒子というキャラの存在 

そしてこれはムック本の中で知ったのだが、通常の戦闘では審判をしている 黒子 というキャラクターが、条件を満たすと敵キャラとして出てくることがあり、しかもサムライスピリッツ以外のタイトルの登場キャラクターの技を使うというのだ。

 

例えば龍虎の拳2などの様々なキャラの飛び道具を繰り出してくる。はっきり言ってまったく知らなかったので、覇王翔吼拳などの写真は驚いた。友人のプレイで乱入&対戦シーンは見せてもらったが、かなりの強さを見せていたような記憶がある。

 

これをきっかけに他のタイトルもプレイしてみようかと、龍虎の拳で友人のプレイを見せてもらったのだが、パワーを溜めないと波動拳(的な技)が出せないのは論外だと思い、結局それ以降は触らないでいた。ストリートファイター2を先にプレイしていると、気をためるという行為がなんとも手間というか難しいように感じられたためだ。

 

 

当時はやはり、サムライスピリッツなのだな、自分にとっては、などと思い込んでいたのだ。世界を広げるチャンスだったのかもしれないのに勿体ない。

 

しかし受験を控えた高校2年生、その程度でちょうどよかったのかもしれない。それ以上はまり込んでいたら、さらに大変なことになっていたに違いない。